天嶽院のブログ

山門屋根 茅葺替大修理・3 棟札調査

2014.5.28

出現した棟札を新→古と並べました

CIMG0652棟札左より 昭和61年、昭和22年、大正14年、明治31年、天保12年、安永9年製。

江戸時代の2枚をどうぞ

DSC00124

DSC00118

安永9年(1780年)、天保12年(1841年)が認められます。

安永9年以来234年間で今年を含め7回葺き替えています。記録上の初回葺き替えから各々61,57,27,22、39、28年目の事業です。

興味ある記述は   大正12年の大震災では倒壊せず、  終戦後2年目(昭和22年)での葺き替え です。

この山門を建立された水戸光圀公に関する歴史的事実は残念ながら発見されませんでした。

建立の時期は推測ですが1680年代前後ではないでしょうか。